冷え性の体質改善

■冷え性の体質改善を図る

漢方(中国医学)では冷え性は「病気(厳密に言うと病気の一歩手前の"未病")」として取り扱われ薬なども処方されますが、西洋医学では冷えは体が冷たい「体質」として扱われます(特に手足などの末端の冷えはその傾向が強いです)。そのため、冷え性の対策をして体質改善をはかり、冷え性の症状を改善・解消させよう!と考えている方も増えてきているようです。
色々とチャレンジしてみたい!と意気込む方もいると思いますが、体質改善のためにはまず「自分の生活の見直し」が大切です。まず普通に暮らしてみて「この食事は体が冷えそう...」「この行動はお腹や足が冷えるよね」という部分をまず見直して、そこをまず改善していくようにするといいですよ。


■食事で冷え性の体質改善

料理好きな人ならばとても気軽にできるのが、食事での体質改善です。昔から漢方では「医食同源」という言葉がある通り、病院による医療や薬と同様に食事で体質改善して体を強くし、冷え性などの病気などを予防したり、解消したりできると考えられているんですよ。

まず体質改善のためにできるのが「冷たい料理のレシピや、冷めたご飯やおかずは避ける(電子レンジなどであつあつにあたためてから!)」ということ。できたてのご飯やおかずは冷えないうちに食べる事も、冷え性の症状を抑えるためには大事なことなんですよ。
それにサラダも、生野菜を避けて温野菜にしたりするのもいいですね。ゆでると栄養分が逃げそう...という方は、電子レンジで調理をすると栄養が逃げにくくなって便利ですよ。最近はクックパッドでも美味しい温野菜のレシピが公開されています。


■内臓冷え性の体質改善

最近男性にも増えている「OPP」こと「お腹がピーピー(=下痢気味)」な人(TV番組「アメトーーク」で取り上げられましたね)。これはお腹がゆるい体質なのではなく、内臓冷え性の可能性があります。そんなひとが体質改善や冷えの対策としてすぐに始められるのが「腹巻きを巻くこと」。

腹巻きは巻くと服の下から線が出て目立たない?と思う方にお勧めなのが、Amazonでも販売している「スーパーストレッチ腹巻 (1690円)」。

薄くぴたっとした腹巻きなので、濃い色のシャツを上に着ると腹巻きを巻いているというのはまずわかりません。それに、薄手ながらフリース素材なので温まりやすいですよ。
また、この商品のいいところは「速乾性」なところ。ぱっと洗えばすぐに乾くので、冷え性の体質改善のために常時お腹に巻いておきたい、という方は2枚持っておくだけで十分ローテーションをすることができますよ。

冷え性の体質改善の関連記事

▲冷え性の体質改善トップに戻る