冷え性と半身浴

■冷え性と半身浴

半身浴は「体に負担が少ないダイエット」として、まったりダイエット(消費カロリーは軽い散歩程度のものです)をしたい方や美肌を求める方から支持を集めていますが、冷え性の方の治療方法としても巷で注目されているそうです。
というのも、半身浴を行うことで体の芯が温まり湯冷めしにくくなる上、継続的に行うことで体の代謝が活性化するために少しずつ冷え性の症状が改善してくるようになるのからだそうです。

半身浴を行うことによって冷え性は急激に改善はされませんが、いつも服用している冷え性対策の漢方の服用量がちょっと減った、少し寝つきが良くなった...など、「なんとなく、今年は冷え性が楽な気がする」というように、地味に効いてくるようです。


■半身浴の方法

半身浴を効果的に行うポイントは「下半身だけあたためる」「入浴は20?30分」「お湯の温度は38?40℃」の三点です。
なぜ「下半身だけあたためる」のかというと、上半身と下半身の温度のバランスをとるというのが一番の理由になります。

人体は内臓などが集中している上半身の方が温度が高く、下半身は温度が低いので、みぞおちから下の下半身の体温を半身浴で上げていくと、体全体のバランスが取れて代謝が良くなるからです。そうなると上半身からの血の巡りがよくなるので、冷え性を起こしている部分への血行が改善されていくんですよ。
また入浴が20?30分というのは「デトックスに適した時間」という理由があるそうです(足湯によるデトックスも、同じような入浴時間が推奨されています)。
そしてお湯の温度がちょっとぬるめなのは「体に負担をかけないため」。急激な温度変化は冷え性の治療どころか体に余計な負担を与えかねません。ゆっくりじっくり、が大切です。


■半身浴グッズを探す

冷え性に半身浴を利用する場合、お風呂に浸かって20?30分過ごさなければいけませんが、せっかち派な人には「20分すら惜しい」と感じられると思います。そういった方は、半身浴の時間を楽しむグッズを用意してお風呂に入ると楽しいかもしれません。
冷え性+美肌を求める方は通販で話題の美顔器を持ち込んだり、顔のマッサージを行ってみたりするといいでしょうし、本がぼろぼろになるのを覚悟で本を持ち込んだり、とりあえず歯磨きというのもいいですね。

グッズ選びの大切な点ははまりすぎないものを選ぶこと。長時間浸かりすぎてもあまり意味はありませんし(消費カロリーも効果もそう変わりません)、のぼせてしまうこともあります。そこそこの時間で切り上げられそうなものを探してみてくださいね。

冷え性と半身浴の関連記事

▲冷え性と半身浴トップに戻る