冷え性のつぼ

■つぼを押さえるときの注意

つぼといえば中国とかのお店で芸能人の人が「痛い!」と絶叫しながら痛いところを押してもらっているイメージがあると思いますが、それを素人さんがやっては大変危険です。
冷え性の症状がひどいから、思いっきり押してやろう!と下手に強く押すと、周りのスジなどを痛めてしまうのです。
やさしく、「ちょっと痛いなー」くらいの力で押すのがお勧めですよ。


■つぼ押しにいい時間

つぼを押すのにぴったりな時間、それは「お風呂上り(シャワーは不可)」。
温かいお湯に全身浸かって体がぽかぽか、血行がよくなったときに押すと、体もそれなりにほぐれているので力を余りかけずに全身をマッサージできます。
手足の冷えやすい末端冷え性の方は特におすすめしたいですね。
自分はシャワー派!という人は、熱い蒸しタオルを使うのも良いです。
冷え性のツボを押すところにしばらく当てておくと、ほんのり温まって気持ちいいですよ。


■冷え性に効くシール

内臓の冷え性のためにお腹が冷えてしょうがないけど、マッサージは面倒...という方は「つぼ膏」を使うといいと思います。


【ニチバン】ロイヒつぼ膏 156枚【第3類医薬品】

シール状で、ピップエレキバンのような肌色の丸いシールをぺたっと貼るだけでじわじわ温まるので、面倒くさがりの内臓型冷え性持ちさんには最適です。
最近はつぼの位置もネットで調べればわかりますしね。
注意しておきたいのは「お風呂に入る前には絶対はがしておく」ということ。
うっかりシールを貼ったところにシャワーをかけると非常に痛い思いをします。


■ダイエットと冷え性の改善の両立

ダイエットを無理に行うと、代謝が悪くなってむくみや冷え性の原因になることもあります。
そういった問題を一挙に改善してくれるのが、つぼ押し。つぼを押すことで代謝がよくなり、内臓の代謝不良が原因になって起こるむくみの症状が改善する他にもダイエットも進みがよくなるんですよ。
ダイエットではありませんが、妊婦さんにも足先などのこれらのマッサージはおすすめ。
特に妊娠中は冷やすのは厳禁ですしむくみやすいので、ぜひやってみてくださいね。


■つぼ押しを気軽に試す

寒い季節、冷え性になると一番厄介なのが指先ですよね。でも指先のつぼを刺激することで、その状態を簡単に改善することもできます。
これで押す場所は、指の爪の根本部分(甘皮があるところあたりです)。
もう片方の手の指でぐっと押さえる様にしてマッサージすると、末端冷え性で悩んでいる部分がじんわり暖まる上にけっこう気持ちいいです。
電車の中やテレビを見ながらなど、日常の中でも気軽にできるのでおすすめですよ!

冷え性のつぼの関連記事

▲冷え性のつぼトップに戻る