冷え性と漢方

■冷え性と漢方の関係

もともと冷え性という病気は漢方の言葉。
「冷えを改善する=血行をよくし、動きが悪い内臓の調子を整える」という考え方を基本として薬を開発してきています(漢方を飲むと、ぽかぽかするのはそのためですね)。
お腹のゆるい人は胃が冷えているなど、実際に冷えている場所にある内臓は動きが悪いのだとか。
きちんと症状に合ったものを使えば、冷え性の原因になっている部分を狙い撃ちして体調を改善することも出来るんですよ。


■症状にあわせて選ぶ

冷え性になった!漢方を使おう!と思う方もいるでしょうが、適当に選んで使っても効果はありません。
肝臓・すい臓など各患部に合わせて作ったものがほとんどなので、専門の先生や薬剤師さんに相談しないと無駄になってしまいます。
ドラッグストアには漢方に詳しい方はなかなかいませんが、小さなお店にはいることが多いです(そういうお店はポスターを貼っていたりします)ので、覗いてみてくださいね。


■漢方以外の冷え性対策

もちろん体に合わせた漢方も冷え性には効果がありますが、食事や日常の服装をちょっと変えるだけでもぐっと冷え性が楽になってくることもあります。
その中でも、意外と軽視されているのが「靴下」。
いつも履いている靴下を五本指のものに変えるだけでも、足の温かさが変わってくるんですよ(しかも蒸れないので水虫にも優しい!)。
ちなみに、まめに靴下を履きかえるのも足の神経が刺激されて指先が暖まってよいそうです。


■つぼを併用

昔から脈々と伝えられてきている東洋医学のつぼは、漢方同様に冷え性の治療にも役立つものばかり。
薬は食事のように食べあわせ飲みあわせにも注意をしなければいけませんが、つぼならばそういった心配はしなくていいのが嬉しいところです。
つぼの刺激もしてみたいという方はドラッグストアにも売っている「つぼ膏」というシール状の物を使うといいですよ。
ぺたっとはるだけでじんわりと温まってくるのでオススメです(個人的にはロイヒつぼ膏がよく効くと思います)。


■漢方を使うときの注意

体にもリスクが少ない、といわれている漢方ですが、副作用がまったくのゼロというわけではありません。
特に、持病や突発的な病気などの治療のために薬を飲む場合は注意が必要です。
冷え性の場合はちょっと冷えるから、とちょっとしたことで購入するので
病院で「お薬飲んでいますか?」という質問にも忘れてしまいがちになりますが、そういった質問にも答えられるように冷え性の改善の為に飲んでいる薬の名前を手帳などにメモしておくといいですよ。

冷え性と漢方の関連記事

▲冷え性と漢方トップに戻る