冷え性のサプリ

■冷え性にサプリ

冷え性の症状の改善法と言えば運動によるケアや食生活の見直しなどがよく挙げられますが、食事にプラスアルファしてサプリメントを使用するのもいい考えです(もちろんサプリだけ、というのはお勧めはできません)。
「体が温まればいいのか?」ということでカプサイシン(唐辛子の辛味成分ですね)が入っているものを選びたくなるような気もしますが、それはちょっと間違い。
冷え性の場合は不足しがちなビタミンなども補給することが大切なんですよ。


■冷え性にはごまサプリ

テレビの通販番組や口コミでも話題の、サントリーから発売されている「セサミンE+(1ヶ月分4,410円)」というサプリは、健康管理だけでなく冷え性にも効果があると十分に考えられます。


楽天で調べる⇒『 セサミンE
というのも、冷え性対策として体を温める食材の一つに「ゴマ」があるからで、その栄養素でもあるビタミンEを取れるサントリーのセサミンE+は冷え性に悩む方にもうってつけのサプリメントともいえます。
なおサントリー側でも注意として、小麦アレルギーがある方(減量に小麦麦芽油を使用しています)や妊娠中の方や授乳中の方、お子さんの使用は控えるように呼びかけているので、それに該当する方はサプリの服用を控えてくださいね。


■DHCで冷え性対策

手軽に買うことのできるサプリと言えばDHCを思い浮かべる方も多いと思います。
そんなDHCで冷え性対策のできるサプリと言えば「酢酸トコフェロール・カプセル(1,365円)」「発酵黒セサミン+スタミナ(30日分で1,700円)」。
酢酸トコフェロールはパッケージにも「肩こり・冷え・更年期・月経不順に」と書かれているとおり、どちらかというと女性の冷えの症状などに特化した商品、黒セサミンの方は格闘家の吉田秀彦さんをイメージキャラに起用し、男性に強くアピールする商品になっています。
こちらは特に妊娠中の女性についての但し書きはありませんが、もし妊娠中に服用しようかと考えている方は、必ず薬剤師さんに相談をしてくださいね。


■ビタミンとカプサイシンを一度に摂取

体が温まる成分のカプサイシンと、冷え性に効くビタミンE(ゴマ成分)を同時に取れたら、本当に健康によさそうな気がしますよね。
そんな贅沢な悩みをかなえるサプリが「えごまカプサイシン(2,625円)」。
えごま油・L-カルチニン(アミノ酸の一種)・カプサイシンを一つのカプセルにまとめているというもので、女性誌でも取り上げられて口コミなどで話題になっています。
ちなみに通販の場合4袋まとめて購入すると8,800円と少しお安く購入できるので、リピートする方はまとめ買いの方がお徳になりますよ。

冷え性のサプリの関連記事

▲冷え性のサプリトップに戻る