内臓型冷え性について

■内臓型冷え性について

手足が冷える末端方冷え性について悩む女性は多いですが、あまり問題にされていないように感じるのが、内臓型冷え性。
内臓型冷え性とはその名の通り内臓が冷えるという症状をもつ冷え性で、手足はあたたかく、逆に内臓(お腹)が冷たいというもの。手が暖かいと冷えはあまり気にならないので病気とは思わないために気がついたときには内臓型冷え性の症状が重くなっている...ということも少なくありません。
また男性の場合は「お腹がゆるいのなんてカミングアウトできない!」と黙っている為に治療が遅れてしまうことも多いようですね。


■内臓型冷え性の特徴とは

内臓型冷え性の方に何人かお会いしたことがあるのですが、その方々に共通しているのが「みんなお腹がちょっと弱い」ということ。
それと、「実は男性が多い」「冬ではなく夏に特にお腹がゆるくなる」ということです。
というのも、内臓型の冷え性持ちの方が夏場の空調でよく冷えた室内にいたり冷えた食べ物を食べたりすると、さらに内臓が冷えてしまうために消化系器官(腸などですね)がさらに動かなくなってしまうのでお腹が痛くなったりしてしまうのだとか。
特にスーパーなどの冷凍食品売り場に行くと駄目な人は1分もいられないという話もありますので、そういう方は直ちに内臓型冷え性に対しての改善策を考えることをおすすめします。


■不妊と冷え性

不妊症でお悩みの方は、突然ですが下腹に手を当ててみていただきたいと思います。
なんだか手を当ててみたら冷たく感じる...という方は、内臓型冷え性が不妊や病気の原因になっている可能性も考えられます。
この場合ならば、ハラマキをお腹に巻いたり、温かい食べ物をたくさん食べたりサプリを摂取したり...といった対策をとることで、不妊症が改善することもあります。
意外と冷え性が原因となっていることは少なくありませんので、まずは自分のお腹がどんな感じなのかチェックしてみるといいと思いますよ。


■内臓型冷え性の対策
内臓型、というだけあり内臓型冷え性は靴下や手袋を着用するだけでは解決はしません。
靴下などによって末端が暖まっても、そもそもの原因である内臓が冷えたままでは状況は全く改善しませんよね。
そういう場合は腹巻きなどでの「外からのケア」と、漢方薬や食事などの「内からのケア」を心がけるようにすると治りが早くなりますよ。
特に漢方薬では男性・女性・冷えている内臓にあわせての薬がそれぞれありますので、効き目はゆっくりですが必ず体の変化を感じ取ることができると思います。

内臓型冷え性についての関連記事

▲内臓型冷え性についてトップに戻る